WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 恵那山(2,192m)集中登山(1)―前宮ルート | main | 恵那山集中登山(2)―神坂峠ルート↑広河原ルート↓ >>
古代東山道から登る 富士見台(1,739m)

緊急事態宣言が解除されつつも、「新しい生活様式」定着に向け自重は必要な微妙な時期。

「ぼっちの『岐阜百秀山』勝手に選定委員会」の調査山行、今回は7劼曚苗耕邯に入らせていただき、

神坂神社〜富士見台+恵那山神坂峠ルートおよび広河原ルートを一気に周回。

 

まずは、富士見台(1,739m)。

岐阜県中津川市神坂(みさか)と長野県下伊那郡阿智村にまたがり、山頂はササが生い茂る草原状の山で、眺望の良さで知られる。

林道大谷霧ヶ原線で中津川市側から1,569mの神坂峠まで車で入れるから、気軽に高原の気分を楽しめる。

しかし、それでは、観光かハイキングで、登山とは言えない。

今回は、阿智村が神坂峠までの古代の官道東山道を整備されているとのことなので、それをたどって富士見台に立ち、

神坂峠に出て、神坂峠ルートで恵那山に登り、広河原ルートで下山、広河原から神坂神社までをMTBジャイアン号でつなぐ計画。

長丁場がんばってみます (ロ。ロ)/オウ

(地図クリックで拡大)

古代官道の一つ東山道は、近江国勢多駅を起点とし、美濃・信濃・上野・下野各国を経て陸奥国に通じていた。

その最大の難所が、恵那山と富士見台の間の美濃・信濃国境の神坂峠で、荒ぶる神の坐する「神の御坂」と呼ばれ恐れられたという。

最澄は、布教に東国に訪れた際、この峠のあまりにもの急峻さに驚き、旅人のために峠を挟んで美濃側に広済院、信濃側に広拯院という「お救い小屋(仮設避難所)」を設けた。

今回阿智村から古道をたどると、広拯院の跡に立つ月見堂など、古代官道の名残りがあちこちにみられる。

棚田の横を通って、神坂神社に出る。

神坂神社からは、いよいよ山道。

直登のカラマツコースと、沢沿いを行くブナコースがあり、もちろん植林カラマツじゃなく、天然ブナを選択。

20200523恵那山1.jpg

びっしりヒノキが植林された急斜面を抜け尾根に出ると、長野県南部では珍しくブナやミズナラの自然林が残る快適な道となる。

20200523恵那山2.jpg

谷越しに、神坂峠方向が見える。

川沿いは、崩落が激しそうなので、尾根通しのルートが選ばれたんでしょう。

20200523恵那山3.jpg

1,472mピークの先でカラマツコースと合流。

今回は片道通行だけど、カラマツコースは、下山向けにいいみたい。

20200523恵那山4.jpg

合流後は、カラマツの植林の中をしばし進む。

神坂山(1,685m)を巻いていくあたりからは、ウラジロモミやコメツガなどの針葉樹に、ダケカンバなどが混じる天然林となる。

20200523恵那山5.jpg

昭和56年の牛放牧柵。ここから先が、放牧場となっていたらしい。

20200523恵那山6.jpg

ササ原の山が見えてくると、しばらくで萬岳荘という阿智村営の立派な小屋がある。ただし今は営業自粛中。

20200523恵那山7.jpg

萬岳荘から先は、いかにも観光地らしいよく踏まれた遊歩道になるけれど、富士見台山頂付近は霧が濃くて何も見えない  (ロ。ロ;

前回、南沢山・湯舟沢山・富士見台とつないで縦走しているので眺望の良さは確認済みだけど、富士見台の画像が欲しかった。。

20200523恵那山8.jpg

と、下山しかかると、霧が晴れてきた。

ササの中に、神坂神社、仙元大神と彫られた大正時代の丸い自然石の石碑がある。

富士見台は、富士山は見えないらしく、かつては山伏岳と呼ばれていたそう。

明治時代に富士教の信者が富士遙拝所をここに設けてからの山名だという。

20200523恵那山9.jpg

1,690m地点にある神坂小屋から、富士見台のピークの画像をカメラに収めることができ、ひと安心。

20200523恵那山10.jpg

神坂山や萬岳荘のあたりも確認できた。

本来ならその先に赤石山脈が大きく展開するはず。

20200523恵那山11.jpg

県境稜線で神坂峠に出る。通行の無事を祈った古代の祭祀跡の石碑が立つ。

神坂峠は恵那山と富士見台の間にある、と言われるけど、峠から富士見台は30分程、恵那山は4時間。

神坂神社から恵那山までは(山馬鹿ぼっちは今回やってますが)長すぎるけど、富士見台なら登り3時間でちょうどほど良い日帰り登山となる。

神坂峠と富士見台をセットで評価すると、登山の楽しみも、自然の味わいも、歴史探訪の価値も加わって高得点になる。

20200523恵那山12.jpg

恵那山から広河原ルートで下山する時、富士見台の山全体が良く眺められた。

他の山とほど良く離れ、山上がササ原で、しかも好位置にあるので、展望絶佳なのも納得。

20200523恵那山13.jpg

<登山記録>  (―:車、=:MTB、…:徒歩)

2020年5月23日(土) 曇時々晴れ間

自宅4:15―園原I.C.―広河原(駐輪)6:15―神坂神社上の林道(駐車)6:40…(ブナコース)…ゲート7:10…合流点8:00…萬岳荘9:05…富士見台山頂9:45…神坂峠10:30…鳥居峠11:35…大判山山頂12:25…(途中昼食)…前宮コースとの合流点14:35…恵那山山頂15:15…広河原登山口17:35…ゲート18:00=園原(駐輪)…神坂神社上林道19:30―(帰路)

ブログ「ぼっちの『岐阜百名山』勝手に選定委員会」へ>←クリック!

 

| ぼっち | 「岐阜百名山」勝手に選定委員会 | 20:42 | comments(0) | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES