WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 美濃低山の雄ー天王山(538m)、誕生山(502m) | main | 関市の珍名の山―台所山(142m) >>
清流長良川を見下ろす珍名の山―まるまる山(135m)

今回、“濃市の山王山〜誕生山と、かねてから狙っていた関市の珍名の山「台所山」登山を計画。

その事前調査をしていたら、見つけてしまいました、,鉢△隆屬法△気蕕覆訥遡召了魁屬泙襪泙觧魁廖

 

国土地理院の2万5千分の1地形図にはない、長良川沿いの標高130mくらいの超低山で、

関市下有知(しもうち)地区の皆さんが、西側の松尾山、東側の山王山と縦走できる登山道を整備されたもの。

しもうちコミュニティのHPを参照。ありがとうございます。)

 

ポンポン山ゴロゴロ岳ガラガラ山ケンケン山ガクガク山ゾウゾウ山とコレクションしてきた、

ぼっちの大好きな、オノマトベ(擬声語)系:文字重ねの珍名の山。

 

それにしても、この山、ぼっちがカヤックで長良川を下る終点の、関観光ホテルの対岸なんですよね。全く灯台もと暗し。

まるまる山っていうんだから、丸い山なのかな? いざ、実登 (ロ。ロ)/オウ

共同墓地の奥にある、山王山直下の「しもうち登山口」駐車場に愛車奥地君を駐車。

本日大活躍のMTBジャイアン号で、松尾山側の永昌寺登山口に移動。

途中北を見ると、向かって左から、松尾山、まるまる山、山王山が並ぶ。

丸い山ではあるけど、「まるまる」してるかは、ちょっとどうなんだろう。。

20200315まるまる山1.jpg

永昌寺の前にジャイアン号を待たせて、墓地の中から尾根に取り付く。

最初は踏み跡も薄かったけれど、愛宕神社に近い「民家脇登山口」と合流すると、トラロープも張られ整備が行き届いている。

それにしても、「民家脇登山口」って、ローカルで楽しいなあ。。

20200315まるまる山2.jpg

松尾山からは、長良川と対岸が見下ろせる。一帯は、小瀬の鵜飼が行われ、多くの遺跡が集中している。

むき出しになった平地は、律令時代の、武儀郡衙(郡の役所)の遺構、その左手に古代寺院弥勒寺跡がありいずれも国の史跡。

さらに、長らく廃寺となっていた弥勒寺を再興したのが、わが敬愛する山岳修験僧円空で、その本堂が郡衙遺跡の奥にある。

ただし、今の建物は大正9年(1920年)火災で焼失した後のもの。

さらに、長良川河畔左手に円空の入定塚も見える。その奥に、関市円空館もある。

20200315まるまる山3.jpg

しばらく下って、北に少し張り出した小ピークに登りかえす。

長良川展望地と呼ばれる場所で、長良川越しに、先ほど縦走してきた天王山から誕生山がよく見える。
20200315まるまる山8.jpg

また少し下り、コナラやツバキ、アラカシなどの樹林帯を進むと、まるまる山の分岐に出る。

「まるまる山 5分」 珍名の山ハンター、心おどるひととき。。

20200315まるまる山6.jpg

出ました。まるまる山山頂。

チャートという岩石のピークは、見晴らしがいい。ただし、まるまる感はあまりないかも。

また、少し長良川と反対方向に張り出しているので、市街地は見えても、長良川や越美山地側は見えない。

いずれにしても、標高135mのまるまる山を制覇して、珍名の山ハンター至福のひととき。

20200315まるまる山7.jpg

山王山まで移動。ここも見晴らしはまずまず。

20200315まるまる山9.jpg

下山途中、南側には関市の市街地と東海北陸自動車道を挟んだ左手に低山が見える。

手前が御嶽山、その奥が台所山。

連続して2つも珍名の山に登れるなんて、なんて幸せな一日なんだ。。

20200315まるまる山11.jpg

八十八箇所の石仏の並ぶ道を下り、あっけなくしもうち登山口に。

MTBジャイアン号を引き取りに行くのは後にして、まずは台所山に向かおう。(つづく)

20200315まるまる山12.jpg

<登山記録>  (―:車、‥:MTB、…:徒歩)

2020年3月15日(日) 曇

(天王山から)―しもうち駐車場(駐車)12:30‥(MTB)‥永昌寺登山口(駐輪)12:45…松尾山山頂13:00…まるまる山山頂13:20〜13:30…山王山山頂13:45〜13:50…しもうち駐車場14:25―(台所山へ)

 

| ぼっち | 珍名の山 | 04:48 | comments(0) | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES