WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 2020年干支の山―子ノ泊山(ねのとまりやま:907m) | main | 飛騨の隠居さまに会いに行く >>
お山の勉強室:テーピングについて

山修行には、いざという時のレスキューや応急措置を身に着けておくことも必要。

応急措置のうち、テーピングが重要なことは、さまざまなスポーツで、ご存じでありましょう。

1月25日(土)、その「テーピング実技と体の構造」についての講習会に参加。

 

第1部は、テーピング実技講習。

テーピングには、予防・応急措置・再発防止と、目的がいくつもある。

今回は、もっとも発生しやすい足首の捻挫(ねんざ)の応急措置のテーピングについてお勉強。

 

まずは模範演技。オリンピック選手にもテーピングしておられるS講師のてぎわのいいこと。

20200125テーピング1.jpg

次に、2名1組で、実技訓練。

テープには、皮膚の保護・固定・サポートといった目的に合わせ、粘着・非粘着、伸縮・非伸縮などいろいろある。

今回は、アンダーラップ、非伸縮テープ(CB)、ソフト伸縮テープ(EBH)という三種類のテープを使用。

(テープの種類については、下表参照)

 

,泙困蓮非粘着性のアンダーラップを巻いていく。 

 この手間をかけると、固定用のテープが貼りやすく、後で粘着テープを剥がしやすく、かぶれを防ぐ。

 6割くらいの力で引きながら巻きしわができないように巻くのがコツ。

 内くるぶしから指5本分くらい上からとのことだったので、ぼっちは巻き過ぎであります (ロ。ロ;

20200125テーピング3.jpg

⊆,法CBと呼ばれる非伸縮性のテープで、固定をしていく。

 )アンカーと呼ばれる起点・終点となるテープを内くるぶし指5本分上の所に2本巻く。

 )アンカーの脚の内側部分から脚の底を通し、外側部分にきつめにテープを3本少しずらしながら張る。

  これをスターアップ・テープといって、動きを制限する重要なテープ。

  ねん挫の場合は、内側に曲がってしまうので、これを外側向けの力をかけて固定する。

 )その上に、颪汎瑛佑両貊蠅縫▲鵐ー・ーテープを貼る。


 )さらにくるぶしの曲がりを固定するため、フィギュアエイトという、8の字を描くように巻く。

 )足関節が左右にぶれるのを抑えるため、ホースシュー(馬蹄形)テープをかかとにずらして3本貼る。

 )スターアップ・テープがずれないように、ホースシューの上から1/2以上重ね合わせながら、アンカーまでテープを巻く。

   これをサーキュラーという。ぐるぐる巻きにするのではなく、一周巻いては切ってを繰り返す。

 最後に伸縮性のテープ(EBH)で、ラッピングする。

  外側のかかとに掛け、内側のかかとに掛け、フィギュア・エイトに掛け完了。

 

 実習中は頭がこんがらがっていたけど、こうやってブログでおさらいすると、だいぶん頭に入った気がする。

第2部は、国際山岳医M先生による、捻挫に関する骨格や筋肉の構造を踏まえた講義。

骨格の構造から、足首の捻挫は、ほとんどが内側向けに起き、外側のじん帯が損傷するのだそう。

今日習ったテーピングは、このような特性を踏まえて固定を行うもの。

 

捻挫を起した時は、RICERest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上=引き上げ)が基本となる。

これは血流を低下させ出血を抑制するもの。

しかし、反面、血液の低酸素化をもたらし、内圧の上昇でむくみ、循環障害を起こす可能性もあることに注意する必要があるとのこと。

靴擦れ、床ずれなども、圧迫+摩擦で発生するのだそう。

20200125テーピング4.jpg

自分やメンバーが安心して登山できるように、まだまだ身につけておくべき応急措置はいっぱいある。

山修行のひとつとして、これからも機会を見付けて、ぜひ実習しておきたいです (ロ。ロ)/オウ

 

皮膚の保護 アンダーラップ テーピングの前に肌に巻いて、かぶれなどから皮膚を保護する。手で切ることができる。粘着スプレーを皮膚に吹き付けてから使用すると良い。
固定 非伸縮
(CB・CBC)
一般的にホワイトテープと呼ばれ、スポーツテーピングの中で最も主体となるテーピング。主に関節の固定や可動域の制限に使う基本のテープ。手で切ることができる。
ハード伸縮
(EB)
主に膝・肘・肩など筋肉の収縮、弛緩の大きな部位に使う伸縮性を持つテープ。ハサミで切って使う。
ソフト伸縮
(EBH)
薄くてやわらかいテープ。圧迫や固定のほか、テーピングの仕上げに上から巻いて使うこともできる。手で切ることができる。
サポート キネシオロジー 疲労した筋肉のサポートに使う。筋肉に沿って貼る。筋肉に沿って貼ることにより、筋肉の正常な動きをサポートする。ハサミで切って使う。
バンテージ 多目的に使用できる薄手の伸縮性の包帯です。応急処置で氷のうの固定や障害部分の圧迫などにも使う。ホワイトテープとの併用で固定感を幅広く選択できると共にフィット感が高まります。

 

 

| ぼっち | お山の勉強室 | 06:24 | comments(0) | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES