WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 金生山に初登り | main | WALKあばうと 京都の空 >>
男埵山(1,343m)で初山修行

男埵山(おだるやま)は、岐阜県中津川市と長野県木曽郡南木曽町にまたがる、1,343mの超マイナーな山。

中仙道の馬籠峠の東に続く山というと、少しはイメージしていただけるかも。

「美濃百山」のひとつで、グレードはC級と、難易度が高めの山となっている。

山行記録も少ない山なので、今回はていねいに、ご紹介します (ロ。ロ)/オウ

 

国道19号線、中津川市落合から、県道7号線に入る。

馬籠に向かう県道と分かれ、「クアリゾート湯舟沢」の前を通過、中津川市細野集落に入り、柳樽林道の入口分岐に出る(地図 法

猪避けのゲートを手で開閉し、未舗装の林道を進む。

20200103男�券山1.jpg

昨夜半、少し雪が降り、林道は淡い雪に覆われている。

鍵のかかった林道ゲート手前に車を置き、MTBのジャイアン号に乗り換える。

路面が悪く、傾斜が結構あるので、往路はほとんど引いていった。

20200103男�券山2.jpg

一帯は国有林なので、山林はよく手入れされ、林道標識もある。

E喘罎如栃の木洞林道を右手に分け、左手の柳樽林道を終点まで進む。

20200103男�券山3.jpg

林道終点手前の、小さな沢をまたいだところが、作業道の入口となっている。

途中までこの作業道を利用して、山頂を目指す。

まずは、沢を渡って、斜面に取り付く。テープなど作業用の目印がところどころにある。

20200103男�券山4.jpg

とても直登は無理な急斜面に、ジグザグに作業道が付けられている。

20200103男�券山5.jpg

ド歓十m標高を稼ぐと、明確な尾根となる。

このあたりで、ブナやモミなどの大木に出合う。

ヤブもそろそろ登場。雨合羽を着て、頭からフードも被り、ストックの先で雪を払いながら進む。

20200103男�券山6.jpg

θ根の踊り場のようなところで、踏み跡は等高線に沿うように、左右に分かれ、右手の踏み跡に入る。

(左手の方が道自身は明確で、そちらからでも行けるようだが、遠回りになる。)

このあたりから本格的にヤブが被さってくるが、踏み跡はたどることができる。

Д乾蹈乾躊笋療召る涸れ沢をまたいで、さらにしばらく斜面を巻いていくと、急な尾根に向けて踏み跡がある。

20200103男�券山7.jpg

┘劵離植林の急斜面を直登する。上部に行くほど背を越すササが被ってくる。

もうこのあたりになると、ストックで雪を払いきれず、頭から雪を被りながら登高。

赤テープもみられるけど、踏み跡ははっきりせず、帰路別の尾根に入ってしまいそうな地形なので、赤布の目印をこまめに付ける。

20200103男�券山8.jpg

県境に沿う形で北東→南西方向に長細い男埵山の山上部に出る。

降りる場所に赤テープを付け、帰路をしっかり確認しておく。

山上部は背の高さを越すヤブがびっしり生えているけど、長細い地形なので、踏み跡はたどりやすい。

少し下って、登り返すと山頂がもう近い。

20200103男�券山10.jpg

男埵山山頂に到着。心細いヤブ漕ぎを続けてきたせいか、三等三角点の標石が、なぜか一等三角点並みに大きく見える。

赤テープがあり、山名の看板が置かれている。国有林の巡視用なのか、はたまた同好の志があるということか。

20200103男�券山12.jpg

帰路は慎重に赤テープを確認して、下降する。

あとは往路で雪も払ってあるし、楽々…のはずが、Г涙舛貘瑤里箸海蹐覇擦鮓失い、尾根を降りすぎ、登り返す。

ここにも往路で、目印をつけておけばよかったな。。

20200103男�券山13.jpg

巨木の多いイ里△燭蠅ら、谷の向こうに雪雲に包まれた恵那山の中腹以下が見える。今回の展望はここだけ。

20200103男�券山14.jpg

林道に降り立ち、下りはMTBジャイアン号で一気に下降。

男埵山の山容は、ゲートより下、柳樽林道沿いから山上部の南端が見えただけ。

20200103男�券山15.jpg

登山道はなく、雪を被るヤブ漕ぎの末たどり着いた山頂には、展望もない。

何を好き好んで、と言われると、そのとおりなんだけど、登山後の気分は清々しい。

この清々しさだけで良しとなれば、山仙人の境地、「美濃百山完登」なんて欲があるうちは、まだまだ。

 

帰路、下呂温泉合掌村の円空館で円空仏を拝み、共同浴場白鷺の湯でさっぱり。

身も心も清らかになった、初山修行でありました。

 

<登山記録> (―:車、…:徒歩、‥:自転車)

2020年1月3日(金) 曇

自宅4:30−中津川I.C.―(国道19号線、県道7号線)―細野集落・柳樽林道入口6:50−ゲート(駐車)7:05…林道終点7:50…尾根分岐(1,150m)8:25…山上部尾根取付点9:45…男埵山山頂10:00~10:10…尾根取付点10:22…林道終点11:25‥ゲート11:40―(下呂温泉入湯・合掌村円空館立ち寄り)―自宅18:00

 

<メモ>

・ヤブ漕ぎの山は、ダニも多い、登山適期は、晩秋か早春。雪は少ない山域。

・林道途中から尾根に取り付くルート取りもできるが、そちらの方が時間がかかり、ヤブ漕ぎも厳しそう。

(↓地図クリックで拡大)

 

| ぼっち | 美濃百山 | 10:16 | comments(0) | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES