WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 火山・傘山で地形図読図修行 | main | 熊本の山旅(2)―阿蘇 珍名の山「らくだ山」 >>
熊本の山旅(1)―阿蘇五岳完登

「阿蘇山」は、広大なカルデラ内に、最高峰の高岳(1,592m)、現在活動中の中央火口丘の最高峰中岳(1,506m)、ギザギザの岩峰群根子岳(1,433m)、そして草千里ヶ浜に接する烏帽子岳(1,337m)、杵島岳(1,326m)などのピークがある。

上の5つのピークは「阿蘇五岳」とも呼ばれ、ぼっちは、高岳、中岳、根子岳には登っているけど、烏帽子岳、杵島岳は未踏。

 

阿蘇山の一等三角点は烏帽子岳にあって、年内に完登をめざす「一等三角点百名山」になっているのでぜひ登りたい。

ただし、往復所要時間は2時間足らず、ここだけ登りに熊本まで行くのは、あまりにもったいない。

そこで、登山対象は杵島岳も加えた「阿蘇五岳完登」、「阿蘇の珍名の山 らくだ山」、天草まで足を延ばし「九州百名山 治郎丸嶽、太郎丸嶽」、「天草の珍名の山 天竺」とし、さらに付加価値として「熊本震災復興応援」、「連れ合いサービス」、「ローカル・グルメ」と、てんこ盛りにして、2泊3日の熊本の山旅に行ってきました (ロ。ロ)/(ヘ。ヘ*/

 

15日(木)21時 阿蘇烏帽子岳登山口の草千里ケ浜までの、900匱紂11時間30分のロングドライブに出発。

連れ合いが徹夜で、関門海峡を渡って九州までの650劼△泙蠅魃薪召靴討れた。感謝!

20191116阿蘇1.jpg

運転手交代し、残る200劼△泙蠅鯀って、大分県側から夜明け前の山中を抜けて阿蘇に向かう。

カルデラの縁、外輪山上に出て、「絶景展望所」から夜明けの阿蘇五岳と感動の対面。

左が根子岳、中央部が中岳・高岳、そして右が今回めざす杵島岳、烏帽子岳。

晩秋らしく、外輪山の中、カルデラの底を雲海がたゆたう大阿蘇は、「火山の王」と呼びたいスケール感。

20191116阿蘇2.jpg

大観峰にも立ち寄り。

阿蘇山には何度か来ているけど、外輪山上に立ったのは今回が初めて。

天気が良かったこともあって、富士山をしのぐ大きさを改めて感じた。

20191116阿蘇3.jpg

カルデラ内に降り、名所草千里ヶ浜に。烏帽子岳は、その南に接し、周回することができる。

連れ合いには「阿蘇火山博物館」などを見て待っていてもらい、いざ出発。

20191116阿蘇4.jpg

登山道の途中から、西側に「立野火口瀬」を見下ろす。

阿蘇カルデラの唯一の切れ目で、ここから白川が流れ出る。

切れ目の向かって左(南)のピーク俵山(1,095m)も、九州百名山。

ただし、今回は計画がてんこ盛り過ぎて入れきれなかった。。

20191116阿蘇5(立野火口瀬).jpg

烏帽子岳から振り返ると、草千里ヶ浜が阿蘇山カルデラ内の小カルデラなのがよく分かる。

カルデラの向こうにあるのが火山博物館、その後ろに続くのが杵島岳。

20191116阿蘇6.jpg

1時間足らずで一等三角点のある烏帽子岳山頂に到着。

阿蘇中核部から離れた、標高も最高峰高岳より250mあまり低いこのピークに一等三角点が置かれたのは、

噴煙から離れていることや、尖った単独峰で見晴らしがよく、測量に好適だったからだろうか。

20191116阿蘇8.jpg

烏帽子岳から周回しての下山路からは、最近活動が活発になっている中岳火口の噴煙が良く見える。

奥に見えるのは、九重連山。

20191116阿蘇9.jpg

草千里ヶ浜から、引き続き杵島岳へのルートをショートカットしようとしたら、ススキと密生した枝の尖ったブッシュに突っ込んでしまう。

おまけに火山灰が降り積もっていて、全身灰まみれになってリカバリーにひと苦労。

20191116阿蘇10.jpg

何とか、コンクリート張りの登山道に出る。

振り返ると烏帽子岳がなかなか格好良くそびえている。とても草千里から標高200mあまりとは思えない。

20191116阿蘇12.jpg

火口壁にある杵島岳山頂からは、阿蘇中岳火口が、さらに迫って見える。

岐阜県人の持つ「山」の概念を突き崩す山だな。。

20191116阿蘇13.jpg

杵島岳の火口を周回、連れ合いの待つ草千里ケ浜に戻る。お待たせでした。

さて次は、阿蘇の珍名の山、らくだ山へ。珍名の山ハンターとしては、こちらも楽しみ。((2)へ続く)

20191116阿蘇14.jpg

<登山記録>  (―:車、…徒歩)

2019年11月16日(土) 快晴

(自宅15日21:00)―行橋I.C.―大観峰8:00~8:30―草千里ヶ浜9:10…烏帽子岳山頂9:55~10:05…草千里ヶ浜10:40…杵島岳11:25…(火口周回)…草千里ヶ浜12:10ー(らくだ山へ)

<メモ>

阿蘇山は、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の頃から活動が活発になり、さらに熊本地震で火口壁の崩落などで登山環境が厳しくなっている。

阿蘇五岳のうち、高岳・中岳は噴火警戒レベルがしばしば変わり立入禁止になることがあるので、最新情報を確認することが必要。

烏帽子岳、杵島岳は特に登山上の影響は出ていない。

 

| ぼっち | 日本4000山 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES