WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 「飛騨の山岳」について事前勉強 | main | 山仙人のふるさと―生駒山地小縦走 >>
日本百名山霧ケ峰車山と珍名の山ガボッチョ

2月9日(土)10日(日)は、大坐小屋をベースに恒例の冬季小合宿(屋根の雪下ろし付き)。

メンバーはベテランSさん、Hさんと、新人のN君。

20190209雪下ろし.jpg

10日晴。今期の雪上訓練は、霧ケ峰方面。

まずは、登山を始めて3年目の20代のN君のために、日本百名山霧ケ峰の最高峰車山(1,925m)をめざす。

冬でも除雪ばっちりの車山肩(約1,800m)の駐車場から、山頂の気象レーダードームをめざして壺脚で直登。

20190210車山.jpg

林道を経由する通常コースと合流すると、にぎやかになって、登山口から40分ほどで山頂へ。

反対側を見ると、山頂直下まで車山高原スキー場のリフトがつながっているのが見える。

日本百名山8山目のN君によると「最も簡単に登れる日本百名山」なんだそうであります。

20190210車山山頂.jpg

全員で記念撮影。うれしそうなN君を見ていると「初心忘れるべからず」という言葉を思い出す。

20190210車山山頂2.jpg

車山山頂からは、八ヶ岳と赤石山脈の間に富士山が顔をのぞかせる。

20190210車山からの展望.jpg

今回、ベテランSさん、Hさん向けに用意した山は、一昨年の夏に登って感動した珍名かつ絶景の山ガボッチョ

車山肩の駐車場からだと、南側に見下ろす山ひだの一つという感じで、登山対象とは思えないかも。

その、忘れ去られた感が、山馬鹿にはたまらない。

20190210ガボッチョ遠望.jpg

前回6月には、「池のくるみ(踊場湿原)」側から登った。

今回は、車山肩の少し白樺湖寄りになる富士見台(約1,710m)の駐車場から取り付く。

2名ほどの足跡が先行している。

20190210ガボッチョ入口.jpg

富士見台からいったん標高1,600mあたりまで大下りした後、ガボッチョとカシガリ山を結ぶ稜線の鞍部あたりに登り返し、稜線を詰める。

暖冬のせいか、わかんやスノーシューを付けるほどの積雪もなく、枯野を気ままに進む。

20190210富士見台.jpg

振り返ると、カヤトの原の向こうに八ヶ岳連峰の全容が。

「八ヶ岳は、たくさんの山の集まった山域全体を言うんだよ。最高峰の赤岳だけ登っておしまいじゃないんだよ」

なんて、山馬鹿ぼっちは説明するけど、N君にどこまで伝わったかな。。

「とんがった阿弥陀岳も魅力的」って言ってたから、きっと分かってくれたよね。

20190210八ヶ岳.jpg

1時間足らずでガボッチョ山頂(1,681m)に到着。

三角点はなく、山名標識の上に先行者が作った雪ダルマ(高崎のだるま弁当を使用と推測)がちょこんと載っておりました。

背後には、車山の斜面がおおらかに展開。

 

日本百名山霧ケ峰も、八ヶ岳と同様、最高峰の車山を登っただけで「制覇」なんていう性格の山域ではない。

古い火山群である車山やガボッチョなど多くの峰々、それを人間がカヤト(萱場)として使用してきた草原風景、そして八島湿原や池のくるみなど湿原などを全体的に味わってこそ、霧ケ峰を訪れたといえるのでは。

20190210ガボッチョ頂上.jpg

ガボッチョ山頂からの大展望。

富士山が八ヶ岳と赤石山脈のちょうど中間におさまって、車山山頂からの展望よりもっとおおらか。

「2013年4月、草原再生のため池のくるみ周辺の10haを焼く予定が、延焼で153haも焼いちまった」おかげで、すこぶる展望のよくなった一帯も、だいぶん草の丈が高くなってきた。

この大絶景を味わいたい方は、お早めにお越しになるのが良いようです (ロ。ロ)/

20190210ガボッチョ展望.jpg

<登山記録> (―:車、…:徒歩)

2019年2月9日(土) 曇時々雪

―長野I.C.ー(買い出し)―戸隠(昼食後奥社でスノーシュー、わかん訓練)―大坐小屋(雪下ろし後、ブイヤベースの宴会)

10日(日) 諏訪は晴時々曇

大坐小屋8:20―長野I.C.ー諏訪I.C.ー車山肩(駐車)11:20…車山山頂12:00〜12:30…車山肩13:00―富士見台(駐車)13:15…ガボッチョ山頂13:55〜14:15…富士見台15:30―下諏訪温泉(片倉館入湯)―帰路

<メモ>

・今回のガボッチョのルートは、富士見台の駐車場から、国土地理院2万5千分の1地形図の破線のルートで下る。

 1,600mの最低部からは、地形図には表示がなく、ガボッチョ〜カシガリ山の稜線鞍部から適当に取りつく。

・積雪期、時間が許せば車山からガボッチョをつなぐのも楽しそう。

 

| ぼっち | 珍名の山 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://walk-about.jugem.jp/trackback/693
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES