WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 2018年 今年も「山馬鹿」でいこう | main | 浅間山の外輪山黒斑山(2,404m)で冬山修行 >>
戌年登り初めは春埜山(883m)

2018年は、戌(いぬ)年。

登り初めに、犬に関係があって、おめでたそうな山はないかな?

と、探し出したのが、静岡県森町にある春埜山(はるのさん)。

その名が新春らしいだけでなく、山中にある大光寺は、地元では「お犬様」と呼ばれているという。

 

もともと大光寺は、奈良時代の僧行基が創建との伝承がある由緒ある寺。

そんな寺院が、どうして「お犬様」と呼ばれるようになったのか―

それは、静岡県西部にあたる遠州地方に根付いた、秋葉山に代表される、修験道から派生した天狗信仰に関わる。

春埜山の守護神とされる太白坊は、秋葉山の三尺坊と同様天狗とされ、その眷属(けんぞく)である狼(=山犬)を遣わし、人々の願いを助けるという信仰があったため、そう呼ばれるようになったのだとか。

 

さらに、春埜山の南にある大日山にも、行基創建と伝わる大日山金剛院があり、二つの山を結んで周回できるという。

雪もない地域だし、戌年の初登りにはまさにぴったり。

それでは、出かけるとしましょう。

登山口は、森町から県道藤枝天竜線を吉川沿いにたどり、「いわなの里」という釣り堀を少し先に進んだところ。

地元森町によって、健脚向き・森町最深部を満喫できる「春埜山と大日山コース」として整備され、登山口には看板が出ている。
春埜山までは、スギの植林帯をひたすら登る。

途中の分岐は、看板の表面が剥がれて読めなかったけど、左手に取るのが正解。

展望のきかない単調な植林帯の尾根で、イチイガシの大木に出会い、思わず立ち止まって見上げる。
春埜山山頂に近づくと、わずかに視界が開け、大日山が顔をのぞかせる。
二等三角点(注)のある、春埜山山頂も、スギ植林帯の中。

注:森町のHPには三等三角点とあるけど、二等デシタ。

山頂から下る途中に、無線中継塔があり、その先の舗装された林道を進むと東海自然歩道の標識があり、ここから大日山金剛院までは東海自然歩道となっている

少し雪の残る道の先で「春埜山」の額の掛かる立派な鳥居に出会う。

大光寺は、今は曹洞宗の寺と一応はなっているけれど、神仏分離されない、不思議な宗教世界の入口みたいでわくわくしてしまう。

鳥居の先に、太白大権現出現の地との看板も登場。
「春埜山大光寺」という大きな石碑の前の広場からは、北に向けて展望が開け、左手(西)から、竜頭山、京丸山、高塚山、竜馬ケ岳、蕎麦粒山などが眺められ、天気がいいので、赤石山脈の白い峰もわずかにのぞいている。
寺の参道下に、「春埜杉」という、老杉が大きく枝を伸ばしている。

樹齢1300年とも言われ、相当古い時代から、ここが霊山であったことがしのばれる。
そして、石段の上に、大光寺の社殿があって、おお!

狛犬の代わりに山犬=狼の石像が見下ろしている。
近づいて見ると痩せてあばら骨が見え、ふさふさした尾を持つ狼の姿が、とてもリアル。

台座に大正九年という銘が読める。明治後期にニホンオオカミは絶滅したとされるけど、まだその姿が人々の記憶にしっかりと残されていた頃に作られたのでしょう。
大光寺を辞して進んでいくと、舗装道路と別れ、東海自然歩道は森町の最高峰、鳥居沢山(941m)に向けた山道となる。

途中、ニホンカモシカ君にも出会う。
視界のきかない鳥居沢山を越え、平松峠でいわなの里から登ってきた県道に出会いう。

ここから大日山金剛院への舗装された参道へと入る。
江戸天保9年に作られたという立派な山門をくぐる。

こちらは、真言宗御室派に属し、今は天狗や狼の信仰の形跡はないけど、火渡りなど修験の行事行われている。
春埜山も鳥居沢山も展望はきかなかったけど、金剛院への参道で富士山が顔を出してくれる。

めでたい めでたい。
金剛院から先の東海自然歩道は、舗装もなくなりさびしくなる。

坂の途中に、大日山入口の、古びた木の標識があり、ここで歩道を外れスギやヒノキの植林帯をジグザグに登っていくと、かつては信仰施設があったのかもしれない、やや開けた場所に出る。

そこから、尾根道を詰めると、大日山山頂に出る。

山名標識はあるけど、三角点はなく、展望もきかない。
来た道を引き返しかけると、左手(北)側の木立の向こうに、春埜山、鳥居沢山が見える。

金剛院から平松峠に戻る途中に、やまめの里へ下りる杉木立のルートが分岐する。

かつての参道で、一丁ごとに町石が据えられている。

最後に吉川の川原に出ると、そこは今朝登り始めた登山口。

このシーズンに歩ける低山としては、なかなか充実のコースでありマシタ。

 

 

 

<登山記録> (…:徒歩、―:車)

2018年1月6日(土) 快晴 単独行

自宅4:50―掛川森I.C.ー(県道65号線)―やまめの里(駐車)8:15…春埜山9:35…大光寺門前広場(展望台)9:45…大光寺9:50〜10:10…鳥居沢山10:55…平松峠12:15…金剛院12:45…大日山13:20〜13:30…金剛院14:10…やまめの里14:45―小國神社参拝―掛川森I.C.―(帰途)

<メモ>

・2018年1月現在、鳥居沢山から平松峠間の東海自然歩道が林道工事に伴い迂回ルートに回ることとなっていた。

 

| ぼっち | 静岡百山 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://walk-about.jugem.jp/trackback/590
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES