WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 東美濃一等三角点の山―屏風山(794m) | main | 岩手県の山巡り(1)―物見山(871m) >>
眺望だけ悲しいほど良好な山ー見行山(905m)

屏風山を登り終えてメンバー解散が13時過ぎ。

せっかく秋の好天、もう1山登っておこうかと、同じく東濃八百津町の見行山へ。

 

実は、今年5月、地元岐阜新聞にこんな記事が掲載された。

「岐阜県八百津町福地の見行山(けんぎょうざん)(905メートル)に新しい登山道が開通した。登りやすいよう十分な道幅(0.9メートル)を確保し、登山口には駐車場やトイレ、道中と山頂部にはベンチや看板が設置された登山道は2本目で全長1.3キロ。見行山を観光資源として生かそうと町が2015年度から整備を進めていた。事業費は約3500万円。一般的な人で1時間程度で頂上まで登れるという。開通式が登山口前の広場であり、町長が「観光の一つとして登山を楽しんでほしい」とあいさつした。見行山は町内最高峰で八百津、白川、恵那の3市町にまたがる」

 

見行山は、「続ぎふ百山」のひとつであり、ぼっちの「『岐阜百名山』勝手に選定委員会」の選考リスト191山にも入っている。

今までは、登山道が整備されておらず、山頂から御岳がみえるけれど、木に邪魔されて眺望は今一歩と聞いていた。

「八百津町の隣、七宗町には今や県外からも人が訪れる人気の山、納古山があるのに、なぜ、同じように山の多い八百津には、そのような山がないのか」という地元の声で、今回整備に至ったよう。

これはぜひ、実地調査してみたいもの。

はじめて訪れた八百津町。

街道沿いに古い町並みが残り、和菓子屋の店先には行列が。

思わずのぞいてみると、栗きんとんを求めるため並んでいるのだとか。

栗きんとんは、八百津町が発祥との説があるらしい。
見行山の登山口は、八百津町と白川町の境、福地峠と聞いていた。

愛車奥地君を峠に待たせ、「丈右衛門新道」という看板のある林道に入っていく。
ススキなどが生い茂り、最近登山道が整備された気配はない。

新聞には登山道がどこに作られたのかという重要な情報がなかったけど、新道は別の地点に取り付けられたんだろうか。

まあ、こちらからでも1時間程度で登れるらしいのでとりあえず山頂をめざそう。
しばらく林道をたどると2筋のブルドーザーの痕がヒノキの植林帯に付けられている。

これが、新しく付けられた登山道ではないんだろうけど、最短ぽいので登ってみる。

10分あまりでとぎれたけど、戻るのが面倒なので、適当に尾根に取り付く。
たぶん登山じゃなくて造林作業の薄い踏み跡をたどっていくと、祠の前に出た。

このまま進めば山頂ももうすぐのよう。
しばらく進むとあれ? いきなり明るい。
おお (’@。@;)!

見行山山頂部分は、ブルドーザーでぐるりと削られ、木々も皆伐状態。
ブルドーザーで削られた斜面を登って二等三角点のある山頂に立つ。
 

たしかに、眺望だけは抜群。

北の御岳、阿寺山地が見えまくり。
西北の白山連峰から伊吹山、西南の鈴鹿山地まで。

名古屋市街も、美濃三河高原の山々も見えまくり。

午前中に登った屏風山もしっかり確認できた。

 

山頂で出会った地元の二人連れの方にうかがうと、新しい登山道は、西南麓の八百津町蔵橋地区から付けられたそうで、その方の足だと約20分で山頂に立てるそう。
山頂には、山麓の小学校の学校登山の記念木柱も立っていたけれど、学校の先生は、ブルドーザーで削られた山頂を、どう子供たちに説明するんだろう。。

隣町七宗町の納古山が人気なのは、手頃に登れて、山頂の展望がよく、アカヤシオが見事なことに加え、「ノコリン」というキャラクターまで作って山を大事に守っている地元の心意気にひかれるから。

「観光の一つとして登山を楽しんでほしい」

―町外の登山者からすると、何か大きな勘違いをされちゃったのではと感じられてなりまセン。。

 

<登山記録> (―:車、…:徒歩)  

2017年9月30(土) 晴 単独行
―八百津町市街14:30―福地峠(駐車)15:15…見行山山頂16:00~16:10…福地峠16:55―(帰路)

ブログ「『岐阜百名山』勝手に選定委員会」(見行山)へ>←クリック!

<メモ>

・ヒノキの植林の山。

・福地峠ルートは、標識は一切なし。林道の最初のカーブのテープの付いた角から尾根に取り付くのが本来。今回は、往復とも尾根を適当に登った。

・2017年に蔵橋集落からの新ルートができた。

 山頂直下がブルドーザーでぐるっと削られ、木が全面伐採されて、見はらしばかりものすごくよくなった。

・少し時間が経てばまた変わるのだろうけれど、現段階では、遠方からわざわざ出かけて登山する甲斐のない山になってしまった。

・山の写真を撮るだけの目的なら好適地でしょう。

 

| ぼっち | 「岐阜百名山」勝手に選定委員会 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES