WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 木曽駒クラシックルートを行く(1)―将棊頭山・木曽駒ヶ岳 | main | 「日本百高山」踏破―小蓮華山、旭岳 >>
木曽駒クラシックルートを行く(2)―三ノ沢岳

翌9月10日。

夜半に目が覚めるほどの雨。夜明けまで霧雨。

今日は、宝剣岳を越えて三ノ沢岳(2,847m)に行く計画だったけれど、視界が効かず雨に濡れた宝剣岳の下りは危険だと判断。

千畳敷側に迂回して三ノ沢岳を往復後ロープウェイ利用で下山するぼっちを含む3名と、

伊那前岳(2,883m)を経由して直接下山するK君を含む4名に分かれて行動することに。

 

頂上小屋を5:45出発、中岳(2,925m)を越え、宝剣山荘前に出る。

小屋の近くに古い石碑が3基並び、左は「具績霊神」、中央は「駒峰霊神」、右は「開祖彦魂霊神」と読める。

後で調べたら、左は上部が欠け、正しくは「真積霊神」で、明治13年(1880年)初代駒飼の池の小屋(宝剣山荘の前身)の小屋番後藤次郎平を祀った碑、右は御所の峰小屋(一丁が池にあったという)の小屋番林彦三郎を祀った碑だという。

当時の木曽駒ヶ岳は、現在も信仰登山の盛んな御岳のようなたたずまいだったんでしょう。
宝剣山荘前から、千畳敷に向けて一気に下る。

ぼっちがここを通過したのは、登山デビューした夏と、モンブラン登山に向け雪上訓練をした冬の2回。

その頃は、氷河の作り上げた圏谷だなんて、まったく知らなかった。。
ロープウェイ千畳敷駅から、宝剣岳南の極楽平まで登り返し、三ノ沢岳をめざす。

最初とりとめなく広い斜面が、しばらくで明確な尾根道となる。

かつて雪上訓練で、吹きすさぶ寒風の中、赤布を付けた竹竿を立てながら、この尾根をたどったっけ。。

しだいに雨露に濡れたハイマツの背が高くなり、ぐしょ濡れに。

テンション下がり気味になった頃、三ノ沢岳にかかっていた雲がほどけだした。
振り返ると、宝剣岳も姿を現している。

テンション急上昇↑
南には、檜尾岳、熊沢岳、東川岳、空木岳、南駒ヶ岳―どっしり地味目の峰々が続く。

これらも、みんな「日本百高山」。
いったん2,676mの鞍部まで降り、登り返すあたりから、お花畑が登場。

夏は華やかなはずのお花畑も、チングルマはすっかり綿毛、ウサギギクがわずかに咲き残っていた。
三ノ沢岳への最後の登り、正面に見えるピークを巻いた奥が山頂。
標高2,847m、日本46番目の高さを持つ三ノ沢岳山頂に到着。

前回冬に訪れた時の記憶と、目の前の光景はほとんど重ならない。

訪れることに新しい ―山ってすごいなあ。。
木曽駒ヶ岳方向の雲もすっかり払われ、その全容が目のあたりに。

「穂高岳」が、奥穂高・前穂高・北穂高・涸沢・西穂高などから構成されるように、「木曽駒ヶ岳」も、木曽駒本峰・中岳・宝剣岳・木曽前岳・伊那前岳などから構成される連峰であるのがよく分かる。
頂きを後に、戻りかかる。

わずかの間にハイマツはすっかり乾き、至って快適な稜線漫歩。

最後に名残惜しくて振り返ると、三ノ沢岳がずしりとそこにある。

木曽駒ヶ岳から三ノ沢岳への登山道は、先週行った剣山から次郎笈へのそれと何となく似ているけれど、高度感・スケール感に、やはり歴然とした差がある。
宝剣岳直下の木曽山脈主稜線の分岐点まで戻る。

晴れていれば問題なくても、霧雨の下りでの岩稜通過は回避して良かったですねと、お互い確認。

それにしても、「木曽駒ヶ岳」の風格は、おだやかな本峰に対して、天を突く宝剣岳があってこそ。
極楽平から、千畳敷ロープウェイ駅まで下ると、登山者と観光客がごったがえす下界の匂いのする世界。

クラシックルートをたどることで、木曽駒ヶ岳をより深く知ることができた、充実の縦走も、これにておしまい。
<登山記録>
2017年9月10日(日)  曇のち晴 Su,Ma,botti(三ノ沢岳往復)/Ho,Yo,Na,K(伊那前岳経由下山) (…:徒歩、―:車)
駒ヶ岳頂上山荘5:45…宝剣山荘分岐…千畳敷…極楽平7:25…分岐…三ノ沢岳山頂9:20〜9:45…分岐11:20〜11:40…千畳敷ロープウェイ駅12:05―(帰路)

| ぼっち | 縦走主義でいこう! | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:54 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://walk-about.jugem.jp/trackback/550
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES