WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 四国の霊山巡り(3)―高知でOFF | main | 木曽駒クラシックルートを行く(1)―将棊頭山・木曽駒ヶ岳 >>
四国の霊山巡り(4)―剣山・次郎笈・一ノ森

剣山は、標高1,955m、石鎚山に次ぐ西国第2の高峰で、徳島県の最高峰。

剣のように天を指す立山連峰の剱岳とは違い、山容はおだやか。

なのにどうして剣というのかについては、安徳天皇が山頂に剣を納めたことによるとか、山頂直下にある大剣神社の剣岩にちなむなどの説がある。

 

高知方面から剣山の登山口、見ノ越までは、四国きっての「酷道」ともいわれる国道439号線をたどる。

平家の落人伝説のある祖谷山を抜け、高知から約2時間30分でようやく到着。

 

剣山は、標高1,420mの見ノ越からリフトに乗って1,750mの西島駅に立つことができるので、山頂までは最短の尾根道コースだと徒歩約40分と大変お手軽。

関西方面から日帰りのできる「日本百名山」として、人気がある。

ぼっちの場合、お手軽すぎて、前回登った記憶がないくらいなんだけど、今回は、剣山の南西の四国第3の高峰、次郎笈(じろうぎゅう:1,930m)、東の一ノ森(1,879m)にも脚を伸ばし、しっかりお付き合いする計画。
観光リフトに乗るのは、山馬鹿としてちょっと悔しい。

でも、連れ合いは「助かる」と申しておりマシタ。
西島駅からは、大剣神社を経由する大剣コース(約60分)、二度見展望所を通る遊歩道コース(約80分)、昔の修験の行場を経由する行場コース(約90分)などがあり、今回は最短の尾根道コースを選択。
途中で見かけた花。

トリカブトの一種シコクブシ、シコクフウロ。

テンニンソウは大群落をつくっていた。
あっという間に山頂に到着。

巨岩の上に祠が祀られていた。

修験道のはじまる以前の古代から、崇められていた山なんでしょう。
「誰でも登れる百名山」だけに、山上に広がるササ原は、一時期踏み荒らされてしまい、今は山上部の登山道は全て木道化されている。

山頂の一等三角点も柵で囲われ、触れることさえできない。
にぎやかな剣山山頂を後に、次郎笈をめざす。

変わった山名は、修験者のリュックサック、笈(おいづる)に関わるものだろうけど、両白山地の笈ヶ岳のように、山容が笈に似ているということなのかしらん。(※)

ちなみに、かつて剣山は「太郎笈」とも呼ばれていたそう。

一見、赤石山脈の間ノ岳に似た重厚な姿、ただし、剣山から楽しく約1時間縦走路をたどるだけで山頂に立てる。

スケール感が全く違うのに似たように見えるのはササ原のマジックかもしれない。
見晴らしが良く、人が少なく、地面に座ることができる次郎笈山頂は、昼食にはうってつけ。

高知の日曜市で買った山菜寿司と赤飯(各180円)をおいしくいただきマシタ。
ササに覆われた山頂から剣山方向を見る。

背後に続く尾根に二ノ森、そして一ノ森が続く。

石鎚山も一ノ森という別名を持つ。ただしこれは「第一の山」という意味。

剣山系の一ノ森は、「主峰剣山へ向かう一番目の山」の意味。
山頂から西を見ると、ミヤマクマザサの中の長大な縦走路が、三嶺まで続いている。

11月の新雪輝く日に、三嶺から剣山方向を見て、縦走してみたいなあと憧れた、その想いは、今回反対側から見てさらに強くなった。
そろそろ、限界が近づいた連れ合いには、剣山山頂直下から大剣コースをたどって先に下りてもらい、剣山山頂を経由して、一ノ森をめざす。

剣山の次の二ノ森は山頂まで四国では貴重なシラベの樹林におおわている。

ただし、ニホンジカの食害の影響がここでもみられる。

マタギにご登場いただきたいところ。

見晴らしのいい一ノ森山頂直下には、一ノ森ヒュッテがある。
一ノ森から西島リフト駅までは、行場コースを選択。

他のコースと違い、樹林帯の中の崖に張り付くルートで登山者はごく少ない。

石灰岩の行場は、西日本の修験道の山らしいたたずまい。
剣山の名花として知られるキレンゲショウマ。

花期は過ぎて、今は青い実付けていた。

西島駅から再びリフトに乗って下山。
帰路、つるぎ町に下る途中、吹き抜けのお堂と、古い石の道しるべや剣型の石を見かける。

宮本常一の「庶民の旅」という本に書かれている、遊行者を受け入れる「堂庵」というのは、こんななんでしょう。

2泊3日にしてはぎっしり充実の四国の山旅。これにておしまい。

 

<登山記録>
2017年9月3日(日) 曇のち晴

高知7:00―見ノ越リフト乗り場9:30(駐車)―(リフト)―西島駅10:20…剣山山頂11:15~11:30…次郎笈山頂12:20~12:40…剣山山頂13:25…一ノ森山頂14:15…西島駅15:20―見ノ越15:35―(帰路)

 

 

| ぼっち | 日本4000山 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:26 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://walk-about.jugem.jp/trackback/548
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES