WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< ふくしま山旅日記(3)―鎌倉岳(987m) | main | ふくしま山旅日記(5)―二ツ箭山・猫鳴山・屹兎屋山周回 >>
ふくしま山旅日記(4)―(りょうぜん:825m)

4日(つづき)

鎌倉岳から阿武隈山地を約60卷名紂⇔郢魁覆蠅腓Δ爾鵝砲鬚瓩兇后

鎌倉岳と同様、地元で愛されるローカルな名山なのかな、なんておもいながら登山口の「霊山こどもの村」に到着。

ところが意外にも、大規模な駐車場にいくつも露店が並び、平日だというのに大にぎわい。

ぼっちの住んでる中部地方では知られていないけれど、東北ではよく知られた紅葉の名所なんだとか。

 

案内板を読むと―

霊山は、貞観元年(859年)延暦寺座主円仁によって開山されたといわれ、釈迦の修行したというインドの霊鷲山にちなんで命名された。天台宗の拠点として栄え、最盛期は3600坊を擁していたといわれる。南北朝時代の1337年(延元2年)、北畠顕家が霊山城を築き、義良親王(のちの後村上天皇)を奉じて陸奥国の国府を置くなど、奥羽地方における南朝方の一大拠点として機能した。しかし、北朝側が優勢になるにつれ、霊山の南朝軍も追い詰められていき、1347年(正平2年)、ついに落城、以後歴史の表舞台に現れることはなかった―とのこと。

山全体が国の名勝に指定され、南北朝の重要な城郭遺跡として史跡にも指定されている。

ううむ、勉強不足。。

 

駐車場から見上げる霊山は、妙義山にも負けず劣らずの岩峰群。

親切な観光ボランティアのおじさんが、パンフレットをくれ、「周回コースになっていて、最初の登りは大変だけど、後は大丈夫」と言ってくれたけど、どんなだろう。。
やや急な遊歩道、といったたたずまいの階段のまわりを大岩が取り囲んでいる。

花崗岩ではなく火成岩で、火山灰と礫が混じり溶結したもののよう。

(正確には、玄武岩質の火山角礫岩だそうデス。)

岩の印象に、戸隠や、山寺のたたずまいに似通うものがある。
鍛冶小屋岩を巻き、宝寿台という大岩に出る。

梯子をよじ登って大岩に立つと、岩峰に紅葉が映えて掛け軸みたいな景勝。
ふくしまでこれまで巡った山は、紅葉といってもブナの黄色が勝っていたけど、霊山はカエデが多く、文字通り紅葉。
ルートが岬のように大きく張り出した場所に、護摩壇という岩屋が。

その途中は、親不知・子不知という、難所。

しっかりルートが整備されているので高度感はあっても危険はない。
護摩壇を越えると、国司館跡、その一段上に霊山城という、公園のような平らな広場が広がる。

岩山の上に、こんな平地があり、仙人水という水場もあるよう。

これほどみごとにアジール(統治権力からの待避所)」としての条件がそろった場所は、日本でも数少ないのでは。
最高点の東物見岩へ向かう道も、岩峰群に囲まれた山上とは思われない平地の散歩道みたい。
東物見岩(825m)は北東方面に視界が広がる。

阿武隈山地もこのあたりまで来ると、目立った山は少なく、阿武隈高地と言った方がふさわしい様相。

それだけに岩峰群を突き立てる霊山の存在感は圧倒的。

やや南に下ったあたりに、三角点(805m)がある。
周回コースも後半に差し掛かり、弁天岩という張り出した岩峰に立ち寄り。

ここも岩と紅葉が見事。

眼下に建設中の大規模な道路が見える。

相馬市側と中通り側をつなぐ国道115号線「復興支援道路」だそう。
約3時間半で霊山周遊完了。

登山口にある往時の霊山を描いた案内図を改めてみると、唐の霊山を巡った円仁が、東北の地で巡り合った理想の霊山であったのがよく分かる。

それにしても円仁さんのすごい意志と行動力には、改めて敬服してしまう。
下山後、太平洋側に向かい、何とか夕暮れまでに相馬市に到着。

おだやかな夕暮れの海。

松川浦という、潟湖に抱かれて相馬港がある。
今宵の宿は、松川浦に面した栄荘という旅館。

港も海辺の家も、すっかり日常の姿に戻っているけれど、高台にある宿の直下まで津波が押し寄せたそう。

 

 

 

 

 

 

<旅日記> (―:車、…:徒歩)
2016年11月4日(金)  快晴のち時々曇
―杉沢の大杉9:40―霊山登山口(霊山こどもの村)11:00…国司館跡11:40…東物見岩13:00…弁天岩13:50…登山口14:30―相馬市栄荘(泊)16:00

 

<メモ>
・東北地方を代表する信仰の山であり、南北朝時代には南朝側の拠点ともなった。
 名勝および史跡に指定されている。
・登山客と観光客が混じりながら歩いており、駐車場・トイレも完備。ただし紅葉時期は駐車場確保困難。

 

| ぼっち | 日本4000山 | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://walk-about.jugem.jp/trackback/469
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES