WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
<< 龍神伝説の山―三周ヶ岳(1,292m) | main | 福井県立恐竜博物館見学記 >>
「奥美濃ヤブ山の」三国岳(1,209m)

岐阜県には、「三国岳」「三国山」と名付けられた山が実に多い。
「三国岳」は2山、「三国山」は3山。
その理由を、地図でもってご説明。

内陸部の岐阜県は、7つの県(長野・愛知・三重・滋賀・福井・石川・富山)と接している。
さらに、かつて岐阜県は美濃国、飛騨国に分かれ、愛知県も尾張国、三河国に分かれていた。
そのため、三つの国が接するポイントが10ヵ所もある。
おまけに、山国なので、9ヵ所までが、山が境界になっている。(注)
そのうち5ヵ所が、三国岳または山と名付けられたというわけ。
 (注)三国境界の山をご紹介。
    “騨・信濃・越中境―三俣蓮華岳(2,841m:日本300名山)
    飛騨・信濃・美濃境―三国山(1,611m:ぎふ百山)
    H濃・信濃・三河境―三国山(1,162m:続ぎふ百山)
    と濃・三河・尾張境―三国山(701m:続ぎふ百山)
    (ト濃・尾張・伊賀境―ここだけ川が境界)
    θ濃・伊賀・近江境―三国岳(894m:ぎふ百山)
    美濃・近江・越前境―三国岳(1,209m:続ぎふ百山)
    美濃・越前・加賀境―名無し(三角点なしの1,784mポイント)
    飛騨・美濃・加賀境―白山三ノ峰避難小屋(2,095mポイント)
    飛騨・越中・加賀境―笈ヶ岳(1,841m:日本200名山)


今回、三周ヶ岳に続けて登ったのは、美濃・近江・越前にまたがる三国岳()でありマス。
20151108岐阜県

20151103藪こぎ夜叉ヶ池から南に向かう稜線は、急登だけど、見晴らしのいい登山道として始まる。
しかし、次第に登山道は踏み跡に変わり、1,206mの小ピークを越えたあたりから、いちめんの笹に覆われてしまう。
ここのところ日本全国の名山巡りをやっていてご無沙汰だったけど、奥美濃の山ってこうだったよなあ。。(←記憶なまなましく復活)
20151103三国岳最初は目印の赤テープを追えたけど、ヤブが背丈を超えだすと、それもまばらになる。
先行の皆さんも断念してるのか、ヤブの下の踏み跡がだんだん怪しくなる。
1時間あまりヤブをこいでも、まだまだ三国岳の茫洋とした山頂は先。
やはり、笹が雪ノ下になる、残雪期の山かもな。。


単独行だし、秋の日は短い。今回は偵察行と割り切って、打ち切りを決断。

帰りの方が、ルートファインディングは、はるかに大変。
別の尾根に入ってしまい、戻るのにずいぶん時間がかかり、おまけに長年愛用の熊鈴を紛失 (ToT)ザンネン

GPSさまさまで、ようやく本ルートに戻り、ほっと一息つき、奥美濃の山々を見はるかす。
たぶん黒壁、蕎麦粒山、天狗山、土倉岳といった山々が並んでいるはず。

奥美濃の山は、ヤブ山が多く、自力でルートを見出す力と、不安や孤独に耐える力が求められる。
とはいえ、能郷白山をのぞけば1,500m以下で、ぎりぎり日帰り範囲内。
どこかに、山で暮らしてきた人々の匂いも残っている。
だから、迷ったり、時間切れになって撤退を余儀なくされても、季節を変え、何度も挑めば、少しずつルートに明かるくなり、いつかはその頂きにたどり着くことができる。
苦労して立った場所からの景色は、自分だけのもの。

「奥美濃山行」は、登山の中でも特別なジャンルを形成しているといってもいい。
奥美濃の主Tさん、1801山登山のHさんなど、この山域をくまなく歩かれたすばらしい先達が逝かれた今、どう攻略するか、しばし途方に暮れた山行でありマシタ。
20151103奥美濃の山々
「ぼっちの『岐阜百名山』勝手に選定委員会」へ>←クリック!

| ぼっち | 「岐阜百名山」勝手に選定委員会 | 09:56 | comments(1) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
自分も夜叉が池から登りました。大変でしたが、面白かったです。頂上は、刈り込まれていて小広場になっていました。三周が岳の方向は、写真に撮れた気がします。選定外と言うことですが、山渓の分県山ガイドには、三周が岳とセットで紹介されています。以前は、このルートについて「刈り込んで欲しくない」と執筆者が書いておられましたが、自分が思うに「夜叉が池の登山道のようにして欲しくない」という意味だと思います。滋賀県では、県境周回トレイルが出来つつあるようで、伊吹山から金糞岳まで切り開かれたという報告もあります。ぼっち氏も今一度チャレンジしてはいかがでしょうか?天気の良い日なら必ず突破できると思います。自分も今一度チャレンジしたい所です。
| kameyama | 2018/11/23 10:26 PM |









http://walk-about.jugem.jp/trackback/376
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES