WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
平湯大ネズコに会いに行く

新穂高温泉で午前10時解散、他のメンバーは名古屋方面に帰っていった。

残された岐阜県民ぼっちは、前から気になっていた「平湯大ネズコ」に会いに行くことに。

大ネズコは、クロベ(黒檜)とも呼ばれるヒノキ科の針葉樹で、「木曽五木」にも入る銘木。

 

新穂高温泉から高山市街に向かう国道158号線の平湯キャンプ場の先に大ネズコ入口の看板がある。

冬はスキー場の駐車場になるがらんとした空地に愛車奥地君を待たせ、一般車両進入禁止の林道に入る。

約15分歩いたところで林道と分かれ、大ネズコへの遊歩道を進む。

ブナや、サワグルミなどの樹林に包まれた遊歩道は、山馬鹿ぼっちにはいい道だけど、観光客にはほとんど登山かも。。

20180727大ネズコへの道.jpg

山道をさらに15分で、小平地に打ち出ると、 おお! そこに大ネズコが出現。

赤く艶のある幹はごつごつ節くれだち、大人5人が腕を伸ばしてようやく一周できるほど。

会津朝日岳や、立山の鍬崎山で、クロベ(ネズコ)の大木に出会ったことはあるけど、これほど問答無用の巨木は初めて。

畏敬の念に打たれながら、巨木の周りを一巡り。

20180728平湯の大ネズコ.jpg

林道の入口まで戻り、往きには読み飛ばした由来書きを読んでみる。

「昭和初期、林野庁より村人が原木を払い下げていただき、炭焼をして生活の支えとしていた時、巨木を発見しました。

大正時代、社会教育家『篠原無然』先生が10年間、平湯温泉を拠点に飛騨の人々を教育されました。無然先生から自然の大切さを教えられた村人は、将来きっと地元の貴重な財産になると思い、『平湯大ネズコ』と名づけ、残した巨木であります。」

 

篠原無然といえば、兵庫県浜坂町の生まれながら、大正4年、当時僻遠の地といわれた平湯にあえて代用教員として入り、青年の教育や工女の待遇改善などに尽力したが、同12年、指導下にあった工女が入水自殺し、これを無然と結びつける地元素封家を中心とした排斥運動が起き、追われるように関東大震災の救援活動に出ていく。そして、大阪の芸娼妓専門の病院に大阪府の嘱託として勤務、翌13年11月、平湯に向かおうとして雪の安房峠で遭難し、36歳の生涯を閉じている。

「人界に師なし」として、深山に修養の場を求め、大自然を師とした無然はまた、北アルプスに山岳公園を作ろうと、地元の青年たちと乗鞍岳登山道を整備し、乗鞍岳の桔梗ケ原などの命名もしている。

ネズコは銘木なので、伐れば金になるのをあえて残した昭和初期の平湯の人々の心には、そんな無然先生の教えがしみこんでいたのでしょう。

 

昭和9年北アルプスは中部山岳国立公園に指定され、中部縦貫自動車道の安房トンネルが開かれた今、平湯は冬でも都会の人を迎え入れ、僻遠の地の面影は、もはやそこにない。

大自然を師とした無然先生は、今の平湯をどのように見るのだろうか。

 

| ぼっち | 巨木に会う | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
巨木に会う―日本一 太田の大栃

白峰集落の真ん中にある総湯でゆったりし、マッサージチェアで観光パンフレットを開いていたら、白峰には「太田の大栃」という日本一のトチの巨木があるという。

これはぜひとも、会いに行かねば。。

 

国道157号で勝山市方向に戻る途中、白峰クロスカントリースキー場を右手に見てすぐ、左手に大道谷という谷筋に入る林道がある。

うねうねした未舗装の道を約3辧△いなり巨木が目の前に現れる。

直径4m、周囲13m、高さ25m、推定樹齢は1,300年。

栃は成長が早く、大木が多い印象があるけれど、逆にここまで太古を思わせる樹は今までお目にかかったことがない。

木道で周りを巡ることができ、背後に回ってみると、幹には大きな空洞が。

案内板によると東西3m、南北2.5m、20人が入れる大きさだとか。

それでも樹勢は保たれ、巨木といいっていいほどの太い枝が5本ほど伸びて葉を茂らせている。

 

山深く、雪深い白峰では、米はほとんどとれず、焼畑農業が昭和30年代初頭まで行われてきたそうで、このトチの木の周りも、かつては焼畑だったという。

山地では採集も重要な生業(なりわい)、保存のきくトチの実は重要な食糧で、今も白峰では、栃餅が名物となっている。

それだけに、この樹も、大切にされてきたようで、大きな空洞がありながら、しっかり支柱を立てたりしているおかげで、雪折れの枝も見られない。

地元の何代にもわたるお世話があってこその日本一なんでしょう。

 

また白峰を訪れて、この樹を見上げられたら ―そんな願いを胸に、巨木にさよならしたのでありました。

 

| ぼっち | 巨木に会う | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
巨木に会う―和地と兎和野の大カツラ

扇ノ山登山口にたどり着くまで、片道5時間あまり。
それで登山が往復2時間ではもったいないみたいだけど、しっかり!OFFの楽しみもセット。

まずは、最寄りの湯村温泉へ。
共同浴場薬師湯に入り、98度と日本一高い源泉の荒湯で温泉玉子を製作。
源泉のそばには、848年に開湯したとの伝承がある円仁の石像が。

円仁といえば、マルコポーロの「東方見聞録」と並ぶ旅行記とされる「入唐求法巡礼行記」を残したほか、中尊寺、山寺(立石寺)、瑞巌寺、浅草寺、日光輪王寺、三仏寺、信州だと聖山にある福満寺など、開山、または再興したとされる寺が多数。
山岳信仰にもかかわりが深く、山仙人をめざすぼっちにとっては、偉大な先達。

温泉でさっぱりした後は、巨木めぐり。
兵庫県北部は、巨木が多く、特に、ぼっちの好きな桂(カツラ)の巨木が集中。
かつて3月に氷ノ山に登った時は「別宮の大カツラ」と対面。
今回は、新緑の時期をねらって、「和地の大カツラ」と「兎和野の大カツラ」に会いに。

20140524和地の大カツラへの道「和地の大カツラ」は、今は「但馬高原植物園」の中。
標高680mの湿原やせせらぎに、西洋風庭園を解け込ませている。
一途に大カツラに会いたいだけなのに、入場料500円払わないとならないのがちょっとシャクだね。




20140524和地の大カツラせせらぎを遡った最奥に、和地の大カツラは鎮座していた。
樹齢千年以上、主幹は朽ち果て、株立ちの集合体として、せせらぎをまたいでいる。

カツラの木は、水源地に多く、水を守るものとして崇められてきた。
この樹も、瀞川平の水源を護ってきた。

ところが、柵を越えて記念撮影を撮る輩(やから)あり。
思わず、「根を踏んじゃダメ」と叫んでしまった。
近付きたい気持ち、分からないじゃないけど。。
20140524兎和野の大カツラ「兎和野の大カツラ」は、和地から車で5分あまり。
「兎和野高原屋外教育センター」内にあるけれど、入場料はかからない。
こちらは、人影全くなし。

杉木立を登っていくと、谷の合わせ目に大カツラはそびえていた。
推定樹齢500年、その根元から水が湧きだし、せせらぎとなっている。
20140524兎和野の大カツラ2背後の山道に回ってみると、大カツラの後ろに流れはなく、正真正銘、水はその根方から。

丸くやさしいカツラの葉。
幾万もの新緑をまとってそびえる巨木に向かい合うと、自分のちっぽけさを知らされる。
でも、それがなんだかイヤじゃない感じもしてくる。

| ぼっち | 巨木に会う | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
奥州江刺の戸隠神社
10日は、東北遠征の定宿、鎌先温泉最上屋に宿泊。
翌11日、早朝4時発で、愛車奥地君を走らせ、水沢I.C.から国道397号線を奥州岩手県の五葉山へ向かう。
道標を見て、奥州市江刺なんて地名は、アイヌと関わりがあるんでしょうかね?
なんて、つぶやいたら、「このあたりは、アテルイの戦いがあったところだな」とGan先輩。
平安初期、将軍坂上田村麻呂が、蝦夷のアテルイ(阿弖利爲)を破ったという史書があるそうな。

251011戸隠神社遠望山あいに入りかけ、おおっと、ちょっとストップ。
戸隠神社の看板が。
なんで、岩手県に戸隠神社があるの?
看板に誘われ横道に入ると、田の向こうの林が戸隠神社らしい。



251010奥州江刺戸隠神社確かに、古い石碑に戸隠神社と刻まれている。
ここから、385段の階段があるそうだけど、さすがにパス。
奥地君にムリを言って、きゅうくつな坂を登ってもらう。
251010戸隠神社社叢鬱蒼とした杉林の中が、戸隠神社。
お社の脇に堂々たる杉の巨木。

由緒書きの看板を読むと、坂上田村麻呂の討伐に従ってきた信濃出身の配下の者の創建とのこと。
祭神は信州戸隠神社と同じ天手力雄命(アメノタヂカラオ)。
前九年の役、後三年の役で源頼義・義家親子が戦勝を祈願したとも。

251010戸隠神社大杉このあたりは古代信濃郷と呼ばれていたそうで、信州出身のGan先輩は目を細めて大杉を見上げておられた。

伝説は伝説。
でも、そのなかに歴史の真実が秘められているのを感じるな。。


 
| ぼっち | 巨木に会う | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
鍋倉山へ森太郎に会いに行く

関田山地は、千曲川の北に沿うように連なる長野・新潟県境の山々。
その最高峰(1,289m)鍋倉山には、ブナの大木、森太郎がいる。
信州出身のGan先輩も会ったことがないとのことで、二人で会いに行った。

231103鍋倉山のブナ林関田山地は緩やかな山容ながら、名だたる豪雪地帯。
その山肌を、遠目には白銀色に見えるブナたちがおおっている。

231103鍋倉山登山道森太郎に会いに行く林道脇の入り口は、とても目立たない。
それには理由がある。
1986年、国有林伐採問題をきっかけに樹齢400年を超えると言われる森太郎・森姫が「発見」され、自然保護の象徴に。
その後、森太郎は、2000年には、林野庁選定の、「森の巨人たち百選」にリストアップ。
しかし、有名になった結果、多くの人々に根元を踏まれたりして、樹勢が衰えてしまった。
近くにそびえていた連れ合いともいえる「森姫」は、この春とうとう枯死。
なるべく、そっとしてやりたいというのが、保護にあたってきた地元の心情でしょう。

231103森太郎森姫は命を閉じていた。

森太郎は…なんとか生きていてくれた。
コケに覆われたコブだらけの幹。
宿り木を付けた大枝。
森太郎の樹齢からして、ブナの木の寿命の限界に近いのも事実。
少し離れて、Gan先輩と祈るような思いで見上げるばかり。

231103鍋倉山のブナ森には樹齢200年くらいの巨木は無数に。
ちゃんと次の世代につながっているのが、救い。
森太郎・森姫が残してくれた森なんだね。

実は、「森の巨人たち百選」のうち、5本がすでに枯死している。
100年足らずの寿命のヒトだからこそ、永く森を、樹を、いつくしんでいかなくては。

鍋倉山から下りて、飯山市内で買い出しをし、大坐小屋へ。
飯綱高原にある大坐小屋は、甲信越や東北方面の山へ向かう前進基地でもある。
この4日〜6日は、Gan先輩と日光の女峰山・太郎山・袈裟丸山を巡る計画。
この秋最大のイベントであります。

| ぼっち | 巨木に会う | 05:20 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES