WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
浅間山の外輪山黒斑山(2,404m)で冬山修行

冬山は魅力的だけど、深雪のラッセルはきつそうだし、吹雪や雪崩なども心配―という方も多いはず。

そんな皆さまには、東信地方(長野県上田・佐久地方)浅間山周辺の山々がおすすめ。

その理由は、

|羆高地式気候のため、晴天率が高い

登山口に温泉やスキー場があるため、冬でもアプローチしやすい

E仍蓋が標高2,000m前後あるため、登山所要時間4〜5時間程度の手軽なコースも多い

4愿貶面から多くの登山者を迎えるため、冬季ルートがよく整備されている

など。冬山入門には最適と言えましょう。

 

ぼっちが山の会のメンバー有志と毎冬やっている、冬山プチ合宿(大坐小屋雪下ろし付き)も、この山域の山で行うことが多い。

今冬は、Hさん、Sさんと浅間山の外輪山である黒斑山(2,404m)で冬山訓練。

なお、黒斑山は、目下浅間山が「噴火警戒レベル2」で火口からおおむね2劼立入禁止になっているため、代替の目的地としても昨今人気が高い山となっておりマス。

目の前に迫る浅間山を楽しみに、登山開始 (ロ。ロ)/オウ

登山口は、長野県小諸市から群馬県嬬恋村に抜ける「チェリーパークライン」県境の車坂峠(標高1,973m)。

アサマ2000スキー場があるので、冬でも車やバスで来ることができ、登山者でにぎわっている。

往路は、南側の八ヶ岳や秩父山地が展望できる表コースを選択。
登山口からしばらくは、希少な天然のカラマツ林を行く。

快晴で、1月7日連休2日目でよく踏まれ、快調、快調。
黒斑山は、車坂峠側から見上げると、山裾はカラマツ、標高を上げていくとシラビソやオオシラビソに覆われた穏やかな山容。
高度を上げていくと、手前の高峯山(2,106m)や籠ノ登山(2,228m)の向こうに、木曽山脈から、御岳、乗鞍岳、そして飛騨山脈まで至高のパノラマが展開。

←画像クリックで拡大。
避難小屋前でアイゼンを装着、トーミの頭というピークまで出ると、浅間山と、その外輪山らしく荒々しくえぐれた黒斑山の東側斜面が見えてくる。
急斜面にアイゼンをきかせながら、火山活動監視カメラが据えられた黒斑山山頂に到着。

雪の縞模様を見せる浅間山には、火山弾でえぐれた痕がいくつもあり、最近の活発な火山活動をうかがわせる。

黒斑山ピークは手狭なので、蛇骨岳ピークまで進むこととする。
振り返ると、針葉樹林と岩肌を雪に包んだ黒斑山と、その向こうに秩父山地、さらに富士山までが快晴に輝いている。

来た甲斐あったなあと、3人で時を惜みながら眺める。
蛇骨岳ピーク直下の風の当たらないところで、ゆっくり遅めの昼食。

北〜東側の展望が開け、四阿山、御飯岳、志賀高原の山々、草津白根山、越後三山、巻機山、谷川連峰などこれまた、至福のパノラマ。

山馬鹿やってて良かったなあのひとときでありマシタ。

 

<登山記録> (…:徒歩、―:車)

2018年1月7日(日) 快晴 メンバー:H、S、botti

―小諸I.C.―(チェリーパークライン)―車坂峠(駐車)10:30…(表コース)…トーミの頭12:00…黒斑山12:30…蛇骨岳13:00〜13:40…黒斑山14:25…(中コース分岐14:30)…車坂峠15:10―小諸I.C.―(大坐小屋へ)

 

| ぼっち | 信州百名山 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
烏帽子岳(2,066m)でスノーシュー三昧
烏帽子岳(2,066m)は、長野県上田市の東北にあり、名前どおり烏帽子のように斜めに頭をもたげている。
内陸部で晴天率が高く、登山口にある湯の丸スキー場のおかげで冬も入りやすいから、冬山入門にはうってつけの山。
Gan先輩、Sさん、Konちゃんとスノーシューで冬季訓練。
 
250210烏帽子岳スキー客でにぎわう、湯の丸高原スキー場を離れ、湯の丸山の中腹を巻いていく。
近くに八ヶ岳、遠くに富士山を眺めていくと、真正面に烏帽子岳が姿を現す。
前回は霧のため湯の丸山で撤退。
今回は、上機嫌で迎えてくれた。

250210烏帽子岳稜線スノーシューの留め金具を外し、登山モードで尾根に取り付く。
斜面の雪の表面には、美しい風紋が描かれている。
ポンと稜線上に出ると、山頂の向こうに四阿山。
最後の登りは、冬山登山の一番おいしいところ。


250210烏帽子岳眺望稜線東に重なる上信越の山々。
手前から、湯の丸山、籠ノ登山、浅間山、そして浅間隠山
みんな、個性があるなあ。。


山頂は360度のパノラマ。
ずっと、大坐小屋をベースに信州百名山を巡ってきたから、信州側の山にはほとんど立っている。
次は、群馬百名山かな、なんて山馬鹿には限りがない。
| ぼっち | 信州百名山 | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
古い道の記憶―富士見台(1,739m)
連れ合いは、ぼっちの登山には理解があるけれど、
一緒にはまず来てくれない。
遠い過去、蓼科山へ娘2人連れの親子登山をした時、
こわい思い/夫の身勝手さが、トラウマになってしまったそうであります。
(その後、少しは「マイルド山馬鹿」になったつもりなんですがね。←弁解)

さて、信州百名山の98番目に残してあった、富士見台。
ここは、往復1時間半、展望もいいときてるからって、
連れ合いを誘ったら、珍しくOKを頂戴。久しぶりの夫婦登山であります。

230515神坂峠美濃と信濃を結ぶ神坂峠が、富士見台の登山口。
峠は、律令時代に作られた東山道の最難所で、
後の中山道では、木曾谷を越えるルートに変更されている。
その分、より古い道のたたずまいが残されている。

峠は、日本百名山恵那山と、富士見台の山裾が重なり合う地点。

恵那山は、大好きな山で、南側の黒井沢登山口から何度か登っているけれど、
古道に接した北側の大らかな山容が、古代人には正面だったのかもしれない。





230515富士見台へアップダウンの少ない富士見台へのルートは、笹原で眺望良し。
人生もこのくらい見晴らしが良かったら、なんて。。
230515富士見台山頂山頂からは、赤石山脈、木曾山地それに御嶽などが一望。

ちなみに、富士見台はかつて「山伏岳」と呼ばれていたけれど、
明治初年、富士信仰の信者が、富士遥拝所を設け、そう呼ばれるようになったそう。
ただし富士山は、実際には見えないとか。

ぼっちとしては、山伏岳という名も、厳しい峠を往来した山伏をしのばせていいんだけど。。
笹原を登りきり、振り返ると、たどってきた道と、その先に残雪の恵那山がゆったり。
連れ合いと二人並んで、握り飯なんかを食う。

カメラを忘れて、携帯画像で残念だけど、「トラウマ妻もご満悦」のポイントでありました。
| ぼっち | 信州百名山 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES