WALK あばうと 日本4,000山

「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
2018年 こんな山に登りました(総集編)

師走も残すところあとわずか。2018年も恒例の総集編、いってみます (ロ。ロ)/オウ

 

○1月 (以下★は単独行)

★6日(土) 初登りは、新春らしく、静岡県の春埜山・大日山で山修行開始。

 8日(月) 大坐小屋プチ冬季合宿で、浅間山の外輪山黒斑山へ。

★13日(土) 「『岐阜百名山』勝手に選定委員」の初仕事で、内陸で雪の少ない南飛騨の、高天良山八尾山へ。

○2月 

★18日(日) 金華山から、今年取り組む両白山地の山々を偵察。

○3月 いよいよ残雪期、道なき山の登山最適期、たぶんぼっち登山歴上もっとも濃い1か月

★3日(土) 両白山地(越美山地)の道なき山、滝波山へ。

★11日(土) 両白山地(加越山地)の初河山、丸山、芦倉山周回

 17日(土) 北飛騨の道なき山、桑崎山で、飛騨山脈の展望をほしいままに。

★18日(日) 山国飛騨から、温暖な千葉県へ移動、全都道府県最高峰中最低の愛宕山へ。

 24日(土)〜25日(日) テント泊で、越美山地のミノマタ〜五蛇池山〜蕎麦粒山を縦走

★31日(土) 白山中居神社から銚子ヶ峰〜願教寺山〜薙刀山〜野伏ヶ岳を周回。16時間50分歩行はぼっち登山史上最長。

○4月

★8日(日) 思わぬ春の新雪に見舞われながら、越美山地の若丸山へ。

 21日(土) ようやく春山。長良川の支流神崎川沿いの、日永岳舟伏山へ。

★28日(土) 養老山地の養老山から笙ヶ岳を周回

 30日(月) 飛騨山地最南部の道なき鎌ヶ峰へ。

○5月

★1日(火) 越美山地の長大な送電巡視路・ブナの尾根歩きで、美濃平家、平家岳へ。

 3日(木)〜5日(土) 白山美濃禅定道で白山をめざすも、季節外れの吹雪で別山にて撤退。

 6日(日) 皮肉にも快晴。桧峠ルートで大日ヶ岳山頂から白山連峰を眺める。

★10日(木)〜13日(日) 連れ合いと中国地方を観光しながら、恐羅漢山、弥山、寂地山、冠山、十種ヶ峰、高山、珍名の山「ガクガク山」「行者様」へ。中国地方の渓谷の美しさは、うれしい発見だった。

 20日(土) 新緑深まる伊吹山地の名前で損をしている金糞岳へ。

★27日(日) 三角点調査ノルマのため、恵那市の無名の低山高戸山へ。

○6月

 2日(土) 高所恐怖症のTさんたちを案内して、シラネアオイ咲く戸隠山〜高妻山〜乙妻山へ。

★16日(土) 飛騨高地南部の展望の山、鷲ヶ岳へ。

★30日(土) 梅雨の合間に木曽山脈最南部のヤブ山、焼山へ。

○7月

★16日(月) 大坐小屋の近くながら未踏だった、飯縄山北の霊仙寺山へ。

 22日(日) 飛騨の荒城川木地屋渓谷で沢登り

 27日(土)〜28日(日) 天候不順で槍ヶ岳登山を断念、飛騨山脈の大展望台奥丸山へ。

○8月 夏山は今年も「縦走主義でいこう!」

★4日(土)〜6日(月) 前週のリベンジ、単独行で新穂高温泉から南岳〜槍ヶ岳〜双六岳〜三俣蓮華岳を周回縦走

 11日(土)〜14日(火) なかなか行けない、剱岳北方稜線のテント泊大縦走

○9月

★1日(土) ササ原の縦走路が快適な、木曽山脈南部の南沢山〜湯舟沢山〜富士見台を小縦走。

★21日(金)〜24日(月) 三条の湯から大弛峠を経て朝日岳まで単独テント泊で奥秩父主脈を縦走

○10月 

★6日(土) 四国香川県の最高峰竜王山へ。

 7日(日)〜8日(月) 石垣島へ飛んで、沖縄県の最高峰於茂登岳と、珍名の山「ぶざま岳」へ。

 ↓ここから、両白山地秋の登山適期に突入

★20日(土) かつて根尾川源流部の秘峰だったドウの天井明神山へ。

★21日(日) 同じく左門岳へ。いずれもダムができ昔日の姿ではなくて残念。

★27日(土) 根尾川源流部で、今なお自然の姿をとどめる雄峰、屏風山で黄葉を堪能。

○11月 雪が来る前にと、通勤するがごとく根尾川源流部の山に通い詰め

★3日(土) 崩壊した林道や渡渉を経て、古道をたどり蠅帽子嶺へ。

★4日(日) その隣の、展望もなくいたって地味だけれど、ブナ黄葉の美しいへ。

 ↓地元からいきなり、九州北部へ飛んで

★16日(金)〜17日(土) 福岡県の最高峰 釈迦岳で全都道府県最高峰を踏破 (ロ。ロ)/ヤッタ

           ほかに御前岳、珍名の山「鈴ノ耳納」「グライダー山」、佐賀県の天山へ。

○12月

★1日(土) 根尾川源流部展望の山、大白木山と、根尾の里山岩岳へ。

★8日(土) 2度目の三角点調査で、山名もなき三角点「円原」「一ツ石」「神崎」へ。

 

いやあ、今年もたくさん登らせてもらったなあ。。

一年を振り返り、今年の登山目標の達成具合と反省点は次のとおり。

 

「『岐阜百名山」勝手に選定委員会」候補リスト191山のうち、道なき山の多い両白山地の未調査の山21山をなるべく完登

 (←「なるべく」としたのは、残雪狙いの山が多く、今冬の積雪・天候によるため)。

 結果:誘っても同行いただけないような地味な山域ゆえ、単独行も多かったけど、何とかほぼ計画通り行けたのは大きな喜び。

    残雪期揖斐川渡渉ルートで狙っていた、千回沢山〜不動山だけは、増水で渡渉の機会がないまま残雪期が終わり断念。

    来春、福井県広野ダムからのルートで挑戦するつもり。

    「勝手に選定委員」の取り組みを進めるほど、自分が本当にその山を読めているのか、向き合えているのか、修行不足を痛感。来年もさらに精進せねば。

 

◆崛甘堝刺楔の最高峰」未踏の6山登山

 埼玉県:三宝山、千葉県:愛宕山、広島県・島根県:恐羅漢山、山口県:寂地山、福岡県:釈迦岳、沖縄県:於茂登岳

 結果:三宝山は、奥秩父大縦走で立ち寄る予定が時間切れで断念。

    しかし、思い返せば、過去甲武信岳に登った時通過していたのでよしとする。

    ほかの5山を登り、全都道府県の最高峰を計画通り踏破。

 

「一等三角点百名山」未踏の1011山登山

 硫黄山、富良野岳、武石峰、高峰山、冷水山、冠山(広島県)、十種ケ峰、工石山、不入山、烏帽子岳(阿蘇)、天山

 ↓は、,亮茲蠢箸澆寮催戮鮠紊欧詭榲もあり、2019年と2年で完登をめざす計画

 結果:富良野岳を落としていたので、11山の誤りでありました。

    冠山、十種ヶ峰、天山を登り、残すところ8山。この目標は来年に持越し。

    やり残しがある方が、風流かも。。

 

「『岐阜百名山』勝手に選定委員会」の取り組みで、タフな道なき山を登る機会が多かったせいもあるけれど、40回の登山のうち27回までが、単独行。まさに、ぼっちのぼっち登山。。

来年は、山仙人をめざしつつも、もう少しぼっちじゃない登山も増やしたいもんです (ロ。ロ; ドコカ ムジュン

 

| ぼっち | 年間総集編 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES